スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監査費用請求訴訟の和解

トライアイズ社の元監査役古川氏が提訴していた監査費用請求訴訟が和解になったと、会社のホームページで公告されています。
この裁判は、監査活動に関わる弁護士費用を会社法388条に基づき、請求していたものです。

388条 監査役がその職務の執行について会社に対して次の請求をしたときは、当該費用が監査役の職務の執行に必要でないことを証明した場合を除き、これを拒むことが出来ない。
一 費用の前払いの請求
二 支出した費用及び支出の日以後におけるその利息の償還の請求
三 負担した債務の債権者に対する弁済の請求

監査費用を請求する初めての訴訟であり、ぜひ判決を得てその有効性を示して頂きたかったとは思いますが、和解結果が会社ホームページで公告されており、判決と同様と考えてよいかと思います。
ただ、請求金額3192万円に対し、和解金額は600万円と1/4以下になっています。
和解とは双方が譲歩することですから、請求額の半分からスタートし、さらに交渉で半分になったといった所でしょうか。

なお、古川氏の名誉回復についてはH24.6.21に日経新聞と会社ホームページに公告されていますし、「監査役の覚悟」にも記載しています。

自分にとっては一銭の得にもならない訴訟を、日本企業の健全な発展を希求して継続された古川氏と弁護士事務所のご努力に敬意を表します。
その努力を無駄にすることなく、企業ガバナンスの向上に努めたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。過去にこの件について、注目しておりました。
ついに判決がでたんですね。
和解金額がかなり少なくなったのは、いろいろあったんでしょうか。

この件が少しでも日本の監査制度が変わるきっかけになればと思います。

「監査役の覚悟」を読んで

B元監査役から本冊子「監査役の覚悟」を頂戴して、早速読了しました。
以前から本件には関心を持ち、陰ながら古川さんを応援してまいりました。改めて本書によって、詳しい背景と経緯、古川さんのご主張と行動、それを支える思いを知ることができました。新米監査役さんの考察と「言志四録」からの引用にも大いに共感し、多くを教えられました
それにしても、日本の裁判所の判断には首を傾げることが多すぎますね。それを是正させるためには、ソフトローを含めた制度の見直しやあるべきベストプラクティスの普及拡大がまだまだ必要だと痛感しました。
合せて、古川さんの主張と行動から現役監査役が真摯に学び、「覚悟」を持った監査役が一人でも増えることが求められていると思います。
本書を纏められた「新米監査役」さんのご努力と情熱に大きな拍手を送ります。

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。