ハニートラップ

警視庁情報官 ハニートラップ 濱嘉之著を読む。

産業スパイ事件では、1987年の東芝機械ココム違反事件が有名だが、工作機械の不正輸出により、ソ連原潜のスクリューの音が検知されにくくなり、その情報価値は数百億円とも言われている。
その情報の対価として企業の社員に渡されたのは1000万円にも及ばなかったそうだ。

裏世界には「法」と言うものがない。すべてが「力」という力学によって支えられ、これが表に出たときにはじめて「法」に触れる。
夜の街、芸能、興行の世界には、必ずといっていいほど、裏社会の力が広がっている。
一歩その世界に足を踏み入れたものにとっては、切ることが出来ないところになってしまう。

ハニートラップはターゲットとする人物を色仕掛けで抜き差しならぬ状況に陥れ、正規のルートでは決して入手できない情報や金品を差し出す状況にする。
元首相も、現職総理大臣として訪中したときに、通訳を務めた女性と関係し、日本は中国に対して数百億円を無償貸与することになったと言う。
この小説の中では、防衛庁や警察の幹部がハニートラップ(蜜の罠)を仕掛けられ、イージス艦の情報を流してしまう。

残念ながらと言うか、幸いと言うか、私はそういうトラップを仕掛けられた経験はないが、小説のような状況の中で、毅然とした態度を貫けるかと言うと、はなはだ自信がない。
この事件を解決した警視庁黒田情報官自身も、付き合っていた大学病院の院長の娘が、実は中国人であり、本人もハニートラップを仕掛けられていた、という落ちが付く。
くわばらくわばら、魅力的な女と、安易な儲け話には気をつけよう。

この小説の中で、気になったのがアメリカの姿勢と中国の軍隊の力関係
「アジアの安全は中米で仕切る形になっている。もうアメリカは中国を批判しない。太平洋の治安はアメリカと中国で分担しようと言う動きがアメリカ議会内でもある。日本はこのままではアジアの安全保障にとって必要のない国になってしまう。」
「中国人民解放軍の中で最も割を食っているのが海軍。陸軍は漢方薬原料の栽培や収集などの裏家業によって私腹を肥やしている連中が多く、国防会議の上位には陸軍出身者が多い。
空軍は優秀なものしか採用されないし、ある程度の年齢になると民間航空会社が丸抱えで引き取ってくれる。海軍にはそれがない。」
「中国の当面の敵対ターゲットは台湾だが、表面的には自国を標榜しているため『内戦』という意識だが、世界的には『独立戦争』ということになって国連が割り込んでくる。だから本格的な戦争は出来ない。」
「海軍は仮想敵国を作らなければ組織が成り立たない。その相手国に選ばれようとしているのが日本。日本の弱腰外交を突いて、北朝鮮は六カ国協議、韓国は竹島問題、台湾は尖閣諸島問題を、裏で煽っている」

果てさて、小説が指摘するように、今日の竹島問題、尖閣問題は仕掛けられた陰謀なのでしょうか。

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード