スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグツリー 自閉症の子、うつ病の妻を守り抜いて

東レ経営研究所特別顧問佐々木常夫氏の講演を聞き、著書「ビッグツリー」を読んだ。
壮絶な人生だ。
自閉症の長男は、集団生活が出来ず、幼稚園は3ヶ月で退園させられ、夜中に暴れたり、学校や近所に迷惑をかけ続ける。
妻は肝臓病で入退院を繰り返し、さらにうつ病を併発して自殺未遂を繰り返す。
そんな状況にあって、佐々木氏は仕事を徹底的に効率化し、定時に帰って看病も家事もこなす毎日を続ける。
夜中まで残業が当たり前の会社の中にあって、組織風土を変革し、無駄な仕事を切り捨てて、不振な事業も立て直していく。
当然出世し、同期で一番早く課長になり、取締役になるが、一方、家庭においては妻との距離が絶望的に離れて行く。
そんな時、出世頭は副社長以上になるのが常道なのに、突然、関係会社の社長に出される。
愕然とした思いをさせられたが、トップになったお陰で、自分のやり方で仕事をする事が出来、自分の時間が取れるようになり、家族の話をゆったりと聞くようになってから、妻のうつ病が回復してくる。

と言った内容です。
よくこんな自分の家庭の辛い状況を人に曝け出せるものだと、まず驚きました。
奥さんが回復され、子どもも前向きに変ったからこそ、言えるのでしょうが、それでも人に語るのは辛いでしょう。
でも、佐々木さんが「自殺が減らない原因はなんだと思いますか」と聞かれて、
「人に言えないから」と答えられているように、
辛い状況を話せる人がいれば、人は自殺しないし、うつ病にもならないのかも知れません。
こういった辛い状況だった、それをこうして乗り越えた、といった実例を紹介することで、現在辛い状況にある人は、悩んでいるのは自分だけでないんだと安心し、人に相談する事が出来るのでしょう。
佐々木さんにとっては恥ずかしい事でも、多くの悩んでいる人にとってのバイブルになるのかと思います。
どんな家庭にも企業にも多くの問題があり、深い悩みを抱えています。
辛い状況を乗り越えた事例を学び、相談する事によって、危機を乗り越え、回復していく事が出来るのではないか、そんな学びを「ビッグツリー」から頂きました。
スポンサーサイト

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。