スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギーセキュリティー

経済産業省から「エネルギーセキュリティ」の評価指標について」という分析結果が発表された。

日本はエネルギーのほとんどを外国から輸入している。
さらにその40%が石油であり、その87%が中東からの輸入である。
ガスの比率も25%を占め、同様に中東からの輸入比率がLPガスが83%、天然ガスが30%となっている。
総合すると、中東依存度が44%
つまり、中東でリスクが顕在化すると、日本のエネルギーの半分近くが止まることになる。

2010年における日本のリスク係数は、0.05だが、原子力発電所が止まって化石燃料の輸入が増えた結果、2012年には0.06に上昇している。
次いで高いのが韓国とイタリアのの0.05
その他の先進国は0.03程度で、アメリカは0.01、ロシアは0
日本のリスク係数が圧倒的に高い。

東日本大震災は、想定外の事象が発生して壊滅的な被害を受けた。
「想定外」には「想定出来なかった」場合と、「想定しなかった」場合が考えられる。
中東のリスクは想定しなくてもよいリスクなのか。
リスクが顕在化した時の影響は計り知れなく、それも日本の被害が一番甚大なのである。
エネルギー資源の多様化、多角化は、日本が生き延びていくために、必須の課題である。
スポンサーサイト

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。