東日本大震災から5年

今日で東日本大震災から5年が経つ。
死者・行方不明者は2万人を超え、避難者はいまだに7万4千人おられると聞く。
合掌!

あの時自分はどうしていたか。
家族で話すと、確かお父さんは家で一緒にテレビを見ていた、と言うし、自分もそう思う。
しかし、調べると発生したのは3月11日金曜日の14時46分。
会社で揺れを感じて会社のテレビを慌てて点けて見たのが実際だった。
かくほど記憶は急速に薄れるものだ。
震災で学んだことは、地球は生きており動き続けている、過去起こった震災は再び起こる、という事だ。
人間の記憶は時間とともに日々希薄化し、数世代変わると知る人もいなくなる。
記録に残っていても、自分の代には大丈夫だ、と楽観的に考えてしまう。
もし平安時代の貞観11年(869年)に起こった地震を教訓としていれば、と反省する。
過去に学び、未来に備えたい。

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード