スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的障害者殺傷事件

とんでもない事件が日本でも起きた。
抵抗のできない障害者19名を殺害し、26名に重軽傷を負わせた。
「重度障害者は生きていてもしかたないので、死んだ方がいい」から殺すとは、自分を神だとでも思っているのでしょうか。
確かに、重度の障害を持った人がいると、経済的負担も精神的にも肉体的にも時間的にも大変であり、本人も親御さんも辛い日々を送っておられる。
社会負担も重く、施設で働く人たちのご苦労も大変なものだろう。
しかし、しかしである。だからと言って抹殺することが許されるものではない。
品物ならば、工場検査で不良品を排除し、検査に合格したものだけを市場に出荷する。
しかし、人間はお互いを補完し合いながら社会を形成し、多様性を認めた社会を営むことで、人間社会は発展してきた。
優秀な人間だけが生きる価値があるという論拠は、かつてのヒトラーのゲルマン民族の優位性理論からのユダヤ抹殺と同じである。
多様性の中で変化し続ける事で、生物は生き残る事が出来、単一的なものだけでは、いずれ滅びて行く。
ハンディキャップを持った人たちは、人に愛されることや人と関わることをとても喜び、感情を豊かに表現する。
また、一部の才能が突出して秀でている人も多い。
生物の進化にとって、バラツキこそ必要なものなのだ。
だが、世界を見回しても、異質なものを排除する力は、ものすごく大きくなっている。
これは人類の崩壊に向かっているとしか思われない。
異質なものもあるがままを認め、全ての存在する命を大切にする世の中になって行って頂きたい。
スポンサーサイト

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。