監査難民

 2006年3月、日本最大の売り上げを誇ったこともあるカネボウが1000億以上の粉飾決算により、社長は証券取引法違反で懲役2年執行猶予3年の判決を言い渡される。
 カネボウの会計士は日本で最大の監査法人「中央青山監査法人」だが、中央青山も粉飾に加担していたとして会計士3人は懲役1~3年(執行猶予3年)。
 中央青山は5月に金融庁より2ヶ月の業務停止を受けるが、その間に監査を受けることが出来ない企業は当然他の監査法人に依頼することとなり、中央青山は崩壊する。
中央青山

謝罪する中央青山監査法人の奥山社長<中>
 しかし、4500社もの会社の監査を移行するのは大変であり、他の監査法人も多忙を極めており、倒産の危険性のある会社や監査料金の低い会社は引き受け手が見つからない監査難民が発生する危険性があった。
 実際には何とか引き受け手が見つかったそうだが、監査法人の解散という事態は、一企業だけでなく、国家的危機を招くリスクがありそうだ。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード