日本ビクターに課徴金

犬のロゴで有名なビクターが粉飾で課徴金と言う記事があった。

 日本ビクターが不適切な会計処理をしていた問題で、証券取引等監視委員会は21日、約15億5000万円の課徴金支払いを命じるよう金融庁に勧告した。
 金商法の課徴金としては、2008年造船重機大手IHIの約16億円に次いで、過去2番目に多い額。
 日本ビクターは08年にケンウッドと統合する以前から、海外販売子会社で不振に陥ったテレビ事業の営業関係費の損失を先送りするなど不適切に会計を処理。07年3月期や09年3月期などに提出された有価証券報告書に重大な虚偽の記載があった。


日本ビクターは次の変遷をたどる。
昭和2年 米国ビクターの日本法人として設立
昭和4年 米ビクターがRCAに吸収され、親会社はRCAビクターに
昭和13年 RCAが日産コンチェルンに譲渡。その後、東芝に売却
昭和21年 世界初のブラウン管テレビを開発した高柳健次郎を迎え入れる。
昭和29年 松下電器と提携
昭和33年 日本発のステレオレコードを発売
昭和35年 カラーテレビ発売
昭和51年 家庭用VHSビデオデッキ発売
平成19年 松下電器の子会社から外れケンウッドと業務提携(H20の合併を目指すが延期)
平成20年 持株会社 JVC・ケンウッド・ホールディングス(株)を設立し、その子会社となる。
     ビクター1株に2株、ケンウッド1株に1株割当

さて、今回の課徴金の原因となった過年度修正は2月8日に発表された「調査委員会報告と過年度決算の訂正概要、平成22年3月期第3四半期の四半期報告書の提出遅延および監理銘柄(確認中)指定の見込みに関するお知らせ」に詳しく載っている。
 平成17年3月期から21年第2四半期までの本体損失が170億円となり、過去に計上した損失76億円に比べると94億円の増加となる。

 海外子会社での損失処理を先延ばししていた事が原因だが、ケンウッドとの統合により経営陣が刷新され、会計処理が透明化した事によって発覚したようだ。
統合時にケンウッドの株価は133円、ビクターは285円
ホールディングスの株価は、統合時70円、昨日の終値で40円
 株主からすると、不適切な開示によって高値で株を買わされたと言う事になるのかと思います。

 問題点は海外子会社のガバナンスですが、難しい課題ですが、だからこそどう改善されていくのかをウォッチしていくことで学ぶ事が多いかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード