スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社法見直し 経産省案

第3回法制審議会会社法政部会が6月23日に開催され、法務省のホームページにはまだ掲載されていないが、日経新聞に概要が掲載されている。
経産省より会社法の見直し案が提示されたと言う。

1.企業の組織再編・M&Aの支援
①自社株を対価とするTOBの利用促進
②少数株主の締め出し(スクイーズアウト)制度の創設
③事業譲渡の際の許認可承継にかかる時間とコストを軽減
④株式買取り請求権制度の見直し
⑤商事・金融高等裁判所の創設
2.グループ総合力を活かした経営
①親会社から子会社に取締役を派遣する場合の個別の総会承認を省略
②完全子会社については、親会社の監査役が子会社の監査を可能に
③子会社の配当金の分配可能額があれば、親会社の株主に配当可能に
④株主保護制度の検討
3.企業統治の向上
①社外・独立役員の用件見直し
②従業員選任役員制度の検討
③社外・独立役員が過半数を占める企業にはインセンティブを付与
④「合同監査委員会設置会社」を設け、監査役が取締役の兼任可能に
⑤株主が権利行使の際、無記名投票が可能に
⑥株主総会のネット中継などを実現

今まで聞いていない内容が多いのは、私の知識&情報不足なのか。
それとも全く新しい提案を経産省は行ってきたのか。
ともかくも、提案も意見も出していかなければ、言われた案になっていく。
ぜひ日本監査役協会には、積極的に迅速に今の動きを会員に周知するとともに意見を取りまとめ、法制審議会に必要な提案を発信頂きたいものだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。