スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経産省 企業統治委員会報告書について

6月23日に法制審議会に出された経産省の提言は「企業統治研究会」で取りまとめられたものかと思って調べてみたが、下記のとおり今までの議論以上ではなく、どこで審議されオーソライズされたものかは分からなかった。

企業統治研究会の概略は
1.企業統治(コーポレート・ガバナンス)の基本的考え方について
企業の統治機構については、その仕組みを機能させるため、投資家と事業会社がお互いコミュニケーションがとれ、納得感が得られるような仕組みを作ることが重要である。
社外取締役・社外監査役の独立性の強化や社外取締役の導入促進など企業統治に関するルールの在り方について、いたずらに欧米の形式に倣う必要はないが、国際的な納得可能性は大切である。
2.社外役員(取締役・監査役)の独立性について
企業統治の「実効性」の確保と、市場で株式を売買する一般株主の利益と衝突しない「独立性」の確保の関係には、トレードオフが認められるが、両者の適切な組み合わせを図り、最適な統治構造を決定する必要がある。
このため最低限一般株主との利益相反が生じるおそれのない「独立」な役員が存在することを前提とし、当該企業にとり最適な統治構造が株主との対話の中で合意形成できるよう、企業側の考え方につき開示の充実等を求める。
3.社外取締役の導入について
取締役と監査役で決定的な違いはないとの事業会社サイドの意見がある一方、投資家サイドには、制度的には現在の監査役制度だけでは監督・モニタリング機能が不十分との意見が根強かった。
よって、社外取締役を設置し企業統治体制を整備実行することについて開示するか、当該企業独自の方法で、企業統治体制を整備、実行することについて、開示することを求める


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。