未婚率の増加

ダイヤモンドオンラインに「少子化の原因は非正社員の増加のみにあらず。未婚者を増加させる社会構造の変化にある」東京大学・佐藤博樹教授 が載っている。
日本の30歳代前半層の未婚率は、1970年では男性が11.6%、女性が7.2%に過ぎなかったが、2000年では男性42.9%、女性26.6%、2005年では男性47.1%、女性32.0%と急増しているそうだ。
確かに、職場で話をすると、結婚しない人が多いのが上司の悩みとなっている。
 厚生労働省の「出生動向基本調査」(以下のデータはその調査による)によれば、若者の9割弱が「結婚したい」と思っているそうで、決して結婚願望が低くなっているわけではなさそうだ。
 しからば、女性の社会進出が進んだためか。
 多くの女性は「結婚や出産をしても仕事を続けたい」と考えているようだが、20年前と比べると出産退職する人の割合は36%から41%と増えている。育休も含めて就業継続する人は25%と変わらず、女性の就業率が高まった分だけ出産による退職が増えている勘定だ。育休の充実など就業継続できる環境づくりが求められる。

 出会いが少なくなっていることも原因のようだ。
 昔は世話を焼く上司や写真を持ってくる近所のおばちゃんのおかげでお見合いの割合が7割近くと高かったが、今は6%程度になっている。その上、職場で下手に声をかけるとセクハラだと訴えかねられず、上司が世話を焼こうとするとパワハラだと言われかねない。
 最近は婚活なる用語が定着するようになったが、自治体主催の婚活パーティーも行われている一方で、婚活を繰り返す事によるストレスも相当なようで、ダイヤモンドオンラインに「婚活外来」なるクリニックが紹介されている。

 結婚しないと何が問題か。
 まず、少子化が進むため、社会の持続的発展が望めない。日本の人口は2005年をピークに減少に転じたが、2050年には9000万人を割り、2100年には3500万人と明治時代初期の水準になると、予測されている。今の1/4の人口になれば、生産活動も消費も激減して社会が成立しなくなる。65歳以上の高齢者は1/2となり、年金や健康保険制度も破綻が必死だ。
 個人にとって、独身と既婚では何が違うのか。
 結婚する時に「可愛い妻のためにがんばらなくっちゃ」と決意し、子供が生まれると「子供に背中を見せれる親になろう」という意識が芽生え、独身時代の「自分だけが何とかなればよい」という状況とはまるで違ってくる。
 人は結婚して子供を授かり大変な苦労をして育てる過程で、親自身が子供や社会に対する責任を自覚し大きく成長する。
 子供を通じて、社会とのつながりも出来てくる。地域の子供会活動やPTA活動などの社会参加が求められる。
 独身者にとってはそういう面倒くさいことには関りたくない、もっと自由でいたい、と考えるであろうが、コミュニケーションが広がる事による連帯感や充実感は大きいとともに、そういった活動を通じて人間が一回りも二回りも大きくなる。
 会社にとっても、そういったしがらみを卒なくこなす責任感のある既婚者は、頼りがいのある存在となる。
 よって、社会にとっても会社にとっても、結婚を勧めることは、持続的発展のために欠かせない大切な事だと思う。
 そのためには、社会全体で出会いの場を創出するとともに、結婚出来る環境を作っていく必要がある。
 それが出来なければ、移民を受け入れるしかないだろう。何といっても日本と逆で、世界的には人口爆発が大きな問題なのだから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード