円高株安

円が83円台と高くなった。
ガソリンやワインが安くなる、海外旅行しやすくなる、などと喜ぶ状況ではなく、輸出産業は為替損で大痛手を受け、日本企業は競争力を失い、景気が低迷し、給料も下がってしまう。
なぜ円高になるのか。
日本企業の競争力が強くて調整をする必要があるのか。
いや、そうではないようだ。
ドルやユーロは、もしかすると国や企業が破綻し暴落するリスクがあるが、日本国家、および企業は破綻するリスクは少なそうだ、といった消極的理由によって円が買われているようだ。
アメリカでは10兆ドルの住宅ローンが有り、その中でも低所得者向けのサブプライムローンという証券が破綻してリーマンショックを起こしたが、今は安泰の中所得者向けのプライムローンもリスクを抱えているという。
このバブルが弾けたらリーマンショックどころではない。
ヨーロッパではギリシャ危機が騒がれたが、スペインやポルトガルなどさらに大きなリスクが残っている。
それに対して日本はリスクが少ないと見られているようだが、果たしてそうだろうか。

自民党政権下で総理大臣がころころと変り、民主党になっても止まらない。
政府の借金はギリシャの借金どころではない。
アメリカ経済がこけたら、アメリカは風邪を引くかも知れないが、日本は入院せざるを得ない。・・・
日本にはこんな大きなリスクが有りますよ、と暴露し、ツイッターでつぶやくことによって円安に誘導できるのかも知れない。もっとも、信用不安で本当に潰れてしまったら元も子もないが。

しかし、どうせ円を買うのだったら、日本の株を買ってくれれば株高になるのに、円高で日本企業の収益が落ちると予想されて株価も下がっている。
株も為替と同じで、実力値で決まるのではなく、明日は今日よりも高くなると予想されたら買いが入る。
円高を好機として、外国企業にM&Aを仕掛けて行くべきではないだろうか。
円高によって日本企業がさらに強くなる、と予想されれば日本企業を買う動きになるのではないだろうか。
円高・株安は日本の大きなリスクだが、対症療法ではなく、実質的に日本を強くする施策を期待したい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード