スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監査役 野崎修平

監査役「野崎修平」全26巻を読む 作 周良貨 画 能田茂
野崎修平

「監査役野崎修平12巻」では、銀行の不正融資を暴き、暴力団や総会屋と戦って組織を壊滅させる。
監査役は融資先の債務超過を暴くとともに自ら再建に努めるが、実は銀行本体が債務超過になっており、頭取に対応を迫る。

「監査役野崎修平 銀行大合併変4巻」では、さらに波乱万丈
銀行は生き残りをかけて3行の合併を進め、監査役はシステム統合の問題を指摘するが、強引なスケジュールを強行したために統合システムが止まってしまう。
銀行間の調整も新銀行に向けてではなく、3行の覇権争いに終始する。
監査役は従業員の総意をバックに合併からの離脱を模索し、経営陣は総退陣に追い込まれる。
頭取は監査役が以前出した銀行の債務超過の資料を金融庁に提出し、国有化に追い込まれる。

「頭取 野崎修平全10巻」では、頭取として銀行の再建に奔走する。

ありえない漫画の話だと思うのですが、しかし、現実にどの話もどこかの銀行で起こっている。
事実は漫画よりも恐ろしい。

彼の行動は、監査役としての模範事例なのかもしれない。
しかし、実際にやくざに命を狙われた時に、家族の安全も厭わず戦えるだろうか。
会社の不祥事を発見したときに、会社が倒産するリスクも厭わず、その事実を暴露出来るだろうか。
漫画として読んでいる時は面白いが、自分の身に振り替えて考えると、とても怖い物語でした。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。