北朝鮮の砲撃

北朝鮮が韓国の延坪島(ヨンピョンド)を砲撃し、韓国兵2人が死亡、16人が重軽傷を追った。
砲撃は100~200発にも及ぶと言う。
韓国は今の所、自制しているが、いつ全面戦争にもなりかねない由々しき事態だ。

北朝鮮は何故、今韓国を挑発するのか。
つい先日、核濃縮工場をアメリカに公開し、物議を醸し出したばかり。
これは、北朝鮮の国内がかなり不安定になっているのではないだろうか。
国内に問題があるときに、独裁政権は目くらましのために、国外に戦争を仕掛け、国内の一致団結を図る。
もしかすると、・・・・・が考えられる。
韓国、日本、アメリカは、決して挑発に乗らず、北朝鮮が自然に・・・・するのを待つべき時ではないだろうか。

とにもかくにも、危機が高まると企業活動は停滞し、株価も下がる。TPPとはFTAなど貿易を活発にする仕組みを作っても戦争はすべての努力を帳消しにする。健全な発展のために何としても戦争は回避して欲しいものだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード