スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KMタクシー

 水道橋の明治記念館でタクシーに乗る。
 kmタクシーに乗り、大手町までと言ってチケットを出すと、「お客さんチケットですか?」と聞く。
 「チケットじゃまずいの?」と聞き返すと、「最近チケットで乗ってくれるお客がいなくて」と感謝するように言う。
k「kmタクシーの900台以上が営業停止になって、ひどい状況がさらに大変。」
 「どうしたの?」
k「あれ、大きな記事になっていたのにご存じないのですか?」
 「富山から来たから、最近の東京の状況は知らないんだよ」
k「運転手の超過運転などが重なったのと、事故を起こした車が超過運転だったりして、許可取り消しになったんですよ。」
 「タクシーのお客がいなくて運転手の生活が大変だと聞いたけど、運転する車がなければさらにひどくなるね」
k「そうなんですよ。私が事業に失敗してタクシーに乗ったのが10年ほど前。その頃は月50万円程度の給料をもらっていたのが、今は20万ですよ。10万以下の人もいますよ。」
 「それじゃ食べていけないだろうが」
k「私はこっそり副業をしているから何とか持っていますけど、体はしんどいですね。アパート代は12万かかるし、タクシーだけではとてもやっていけません」
 「そりゃー大変だね。10年前と実働時間は同じなの?」
k「働いている時間は同じだけど、お客が乗らなくなって待ち時間ばっかり。 チケットを使う人はいないし、電車の無くなる12時すぎるとだれもいませんよ。」
 「昔は12時すぎたらタクシーを捕まえるのに1時間以上待ったものだけど」
k「それって15年以上前のことでしょ。10年前はちょうどバランスし、今はタクシーが異常に過剰」
 「タクシーの規制緩和をして台数が大幅に増えた後に、今の景気になったからなー」
k「本当に、何を考えているのでしょうね」

と言っているうちに目的地に到着し、「がんばってね」と励ましてタクシーを降りました。

この会話から言いたかったのは、不祥事を起こして一番苦労するのは、一生懸命働いて会社を支えている従業員だということです。
収益も大切ですが、ゴーイングコンサーン(会社の継続)のためには、従業員が健全に生活して行けることが何より大切だと実感しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。