IFRSと監査役

昨日、日本監査役協会の会計基礎講座で「IFRSと監査役-企業経営への影響を中心としてー」を、青山学院大学大学院教授 橋本尚氏よりお聞きした。

IFRSは欧米が、欧米基準で決めており日本は蚊帳の外、だと思っていたが、意外や意外
IFRS財団の評議員議長は元イタリア経済財務大臣のトマソ氏だが、副議長は日本の藤沼亜起氏だそうだ。
■藤沼氏プロフィール
・1969年中央大学商学部卒業、堀江・森田共同監査事務所→アーサーヤング公認会計士共同事務所→監査法人朝日新和会計社→太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)
・2008年4月中央大学大学院戦略経営研究科特任教授に就任。その他として、株式会社東京証券取引所グループ取締役及び同取引所自主規制法人理事、野村ホールディングス株式会社取締役、住友商事株式会社監査役、武田薬品工業株式会社監査役、住友生命保険相互会社取締役
・日本公認会計士協会理事、常務理事、理事(Advisor to President)を経て2004年〜2007年の3年間会長を務める。現在は日本公認会計士協会相談役。
・国際会計士連盟(IFAC)理事、副会長を経て2000年〜2002年の2年半の期間、IFAC会長を務める。
・現在、金融庁企業会計審議会臨時委員、財団法人財務会計基準機構の評議会議長などを務める。
・H22.5~H25国際会計基準委員会財団(IASCF)評議員会副議長

島崎憲明(社団法人日本経済団体連合会 企業会計部会長、住友商事株式会社 特別顧問)も評議員会理事を務めるなど、22名の定員のうち2名が日本人

IFRSの基準を設定しているIASB(国際会計基準審議会)の議長は元英国会計基準審議会議長のデイビット卿で来年6月にオランダ金融市場庁長官のハンス氏に代わるが、日本からも中央監査法人の山田辰巳氏が15名の理事の中に入っている。
また、IASBのアジア・オセアニア支部を東京(元経団連会館の場所)に置くことも内定したそうだ。

体制は万全になっている。後は日本の中で充分に議論し、日本のものづくり産業が生き残っていける会計基準作りを目指して頂きたいものだ。

IFRSによって細則主義から原則主義に移行すると、必要なスキルは会計基準の理解80%→20%、取引実態の把握15%→30%、実務適応能力5%→50%と大きく変る。
本店と現場、経理部門と技術部門や営業部門などが一体になって取組む必要があるが、会社全体が一体になって取組んでいる日本にとって、ある意味で有利かもしれない。
ただ、最近は分業化や本社集中化が進んでいるために、その流れとは逆の動きをする必要があるのかもしれない。

今年IFRSを任意適用された勇気ある会社「日本電波工業」によると、
連結財務諸表本表のページ数は44%減少したが、注記は逆に44%増えたそうだ。
つまり、役所指導による護送船団方式から、各企業が自ら根拠を示して合理性、妥当性を示す事が求められている。

アメリカでは今年度決算からの任意適用が撤回されスケジュールが不透明なところもありますが、日本においては米国基準による連結財務諸表は2016年3月末までとされたのは、わが国がIFRSの強制適用に向けて後戻りはしないと言う意思表明だそうです。
企業会計審議会での会計基準の見直しも着々と進められ、既成事実化しています。
企業に大きな影響が出るIFRSの基準化について、きちんと意見を出すと共に、IFRSに対応して企業戦略を検討するべく対応する(監査役としては会社がきちんと取組んでいるか確認する)必要があるかと思います。
なかなか重いが重要な変化です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード