アウンサンスーチーさんからのメッセージ

今回の震災に対し、世界中からメッセージが届けられていますが、ミャンマーのアウンサンスーチー女史よりのメッセージがビルマ情報ネットワークに紹介されている。

アウンサンスーチーさんからのメッセージ
 もし言葉によって日本の皆さんを十分に慰めることができるなら、私は毎日日本の皆さんに手紙を書くでしょう。地震と津波のことを聞いたとき、私はすぐにラングーンにいる日本の大使に手紙を送り、あのようなすさまじい震災に対処しようと闘う日本の皆さんのことを私たちがどれほど心配しているか伝えようとしました。皆さんのご様子が気にかかるのはもちろんですが、皆さんが不平を漏らさず、強い意志と自制心で困難と逆境に立ち向かわれていることを尊敬してやみません。こうしてメッセージを記しているときにも、震災によって身体的・精神的に傷を負った方々や、損失を受けながらも生き抜くために精一杯の努力をしている方々のことを思い続けています。国民民主連盟(NLD)のメンバーが、日本の皆さんへのいたわりの気持ちを示すべく詩を作りました。その一部をお送りします。

アウンサンスーチーさんからのメッセージと共に送られてきた詩
「おまえは津波」

突然、大きく大地が揺れ、おまえは襲ってきた。それはまるでテロリストのように。
猛り狂う波は、数え切れない家々を飲み込み、街の灯火を消した。優雅な桜が咲く学校も都会的な街並みも壊し、大勢の人たちの命を奪った。
子供を失った親や離れ離れになった夫妻の涙が川のように流れ、辺りに叫び声が響く。
地震よ、止まれ。
津波よ、止まれ。
おまえたちのせいで失ったものは計り知れない。地獄のような光景を耳にし、遠く離れたビルマの地から日本で暮らす人たちを想う。私たちはあなたたちと同じ思いでいる。
だが、いま日本人たちは手を取り合い、復興を成し遂げようと悲劇に立ち向かっている。
どう猛なおまえはあらゆるものを壊したが、人々の絆までは壊せなかった。私たちは信じている。人々の絆を、そして日本の明日を。

2011年3月11日、ピャーポン・ニーロン・ウー作
(日本語訳 ビルマ日本事務所、マウン・ミンニョウ事務局長)

なお、そのミャンマーで、3月14日~16日の間にも、ミャンマー南部のアンダマン海で熱帯暴風雨が発生し、漁業の人たちが7,000人以上被災し、今でも3,000人以上が行方不明になっているそうです。
また、3月24日には、ミャンマーの東部シャン州(ラオスとタイとの国境)で、マグニチュード7の地震があり、少なくとも150名以上と倒壊した建物の下敷きになっている行方不明者も多数いるそうです。
捜索専門の支援が行われていないため、大変な状況になっているそうです。
ミャンマーの人達も、一刻も早く救出されることを祈念しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード