スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻から2 文明社会のリスクについて

東北大震災から1ヶ月以上経って随分ときれいになったとNGOの人たちは言うのですが、始めて参加した私としては、町が壊滅した南三陸町や崩壊した家、田んぼに散乱している自動車、道路に積み上がっている使えなくなった生活道具、・・・を見て、言葉を失います。
isinomaki04.jpg
写真は遠藤未希さんが最後まで防災無線で避難を呼びかけた南三陸の庁舎でしょうか。

少しでも良い生活を、と営々と築いて来た、便利な都市機能が全く機能していない。
海岸縁に建設された終末処理場が壊滅し、下水が使えない。
都市ガスや水道が1ヶ月ぶりに復旧したのに余震でまた止まった。
電気は幹線は点いているのだけれど、家庭への引き込みがなかなか進まない。
こういう時こそ連絡したいのに、固定電話も携帯電話も繋がらない。

どの都市機能も、大規模集中処理により安く利便性を提供してくれていたが、大規模災害には非常に弱い。

鎖国をしていた江戸時代は、分散処理により、非常に手間は掛かっていたが、リスクには非常に強かった。
ウンチもおしっこも昔は畑の肥料として使っていた。
熱源も、爺さんが山で拾った薪で煮炊きしていた。
飲み水も井戸が当たり前だった。
もちろん電気はなく、暗くなれば寝て、夜が白々となると起きていた。
電話もインターネットもないので、歩いて直接会って、情報を伝えていた。

何故、現代文明はリスクに弱いのだろう。
昔は、自然と共存しながらも自然の猛威を恐れ、災害は発生するものだ、と言う謙虚さがあったが、
現代人は自然をコントロール出来た、災害は起こらないと、不遜に思い込んでいたのではないだろうか。
コンクリートの建物で地震でも壊れない。 
大きな堤防でどんな津波も防げる。
コンピュータが情報を分析して正しい答えを出してくれる。
明るさや温度や空気の清浄度まで自在にコントロールできる。

しかし、実際に自然の力ははるかに大きく、そして空気も水もエネルギーも無限ではなかった。
石巻では地盤沈下により、大潮の日には、海が押し寄せてくる。
isinomaki08.jpg

地球は今でも動き続けているのだ。
江戸時代に戻ることは不可能でも、人間は今一度、自然の前に謙虚になり、自然に勝つのではなく、想定以上の災害は起こるものだという前提の元に、社会を再構築する必要があるのではないだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。