スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監査役の覚悟24 沈まぬ太陽

ブログでJALの倒産について書いた事がある。
しかし、月刊監査役2月号で「沈まぬ太陽」が「監査役の物語」として紹介されたので読んでみると、旧JALの問題の根深さに寒くなる。
沈まぬ太陽

まずJALの歴史を整理する。
1951年 半官半民で設立
1955年 国内線、国際線とも黒字化
1972年 運輸大臣通達によりJALが国際線と国内幹線、ANAが国内幹線とローカル線と住み分けされた。
1972年 ニューデリー(90名死亡)、モスクワ(62名死亡)などで連続事故
1974年 系列ホテルの開発と運営を行う日本航空開発を設立
1982年 羽田沖事故(逆噴射事故、24名死亡149名重軽傷)
1985年 御巣鷹山で123便墜落事故 乗客524名中520名死亡
1985年 1972年の産業保護政策が廃止され、国内ローカル線にも参入
1985年 政府からの強い要請で鐘紡会長伊藤淳二氏が副会長に就任。社長は総務庁事務次官の山地進
1986年 伊藤会長が常勤監査役に調査を依頼。
     監査役は子会社のホテル事業、長期為替先物予約の問題点を監査報告で指摘。
     監査役は子会社の地方バス会社社長に更迭

1987年 伊藤会長辞任(日本航空昔話
1987年 完全民営化、ホテル、レストラン、教育、IT事業を積極展開
1992年 海外ホテル投資や燃料先物取引の失敗、人件費の高騰などにより、経常損失538億円
1995年 不採算路線の廃止、契約乗務員の導入、海外渡航者の増加などにより、経営状況回復
1998年 株主優待券の不正流用などによる暴力団や総会屋との関係が発覚
2001年 アメリカ同時多発テロにより旅客数が落込み、経営悪化
2002年 持株会社日本航空システムを設立
2004年 日本エアシステムを統合「聖域なきコスト削減」
2006年 株主総会二日後に37%2000億円の公募増資を発表、1400億円しか集まらず株価が下落
2007年 航空アライアンス「ワンワールド」への加盟、経常利益が好転
2008年 世界同時不況、原油高、新型インフルエンザ、改善しない人的コストにより再び経営悪化
2009年 「経営改善のための有職者会議」設置したが、頓挫
2010年 会社更生法申請、上場廃止、機長組合など反社側5組合の160余名を整理解雇
2010年 企業再生支援機構が支援、稲盛氏が会長に就任

「沈まぬ太陽」については、事実とかなり違うとの批判もある。日本航空社内報
小説「沈まぬ太陽」余話Ⅰ、余話Ⅱ、余話Ⅲに双方の意見が掲載されている。
作者の山崎豊子さんへのインタビュー記事乗員組合ニュースも参考になる。
主人公の恩地さんのモデルになった小倉寛太郎さんの講演会も興味深い。
また、小説の登場人物とそのモデルを対比させたページを見て小説や映画を見ると数倍面白いと言うか、現実の物として背筋が凍る。

どちらの言い分が正しいのかは分からないが、歴史を見る限りにおいて、日本航空にも組合にもかなりの問題点があったことは事実のようだ。
そんな状況の中で、監査役が監査報告書で、会社としては隠したい重大リスクを指摘された勇気に敬意を表したい。
山崎豊子さんはゲーテの次の言葉を座右の銘にしていると言う。
金銭を失うこと。それはまた働いて蓄えればよい。
 名誉を失うこと。名誉を挽回すれば、世の人は見直してくれるであろう。
 勇気を失うこと。それはこの世に生まれてこなかった方がよかったであろう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。