ユダヤ人の強さ

池上彰の「世界を変えた10冊の本」を読む。
世界を変えた10冊
宗教書「旧約聖書」「新約聖書」「コーラン」「道しるべ」サイイド・クトゥプ(イスラム原理主義)、
経済理論書「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」マックス・ウェーバー、「資本論」マルクス、「雇用・利子・貨幣の一般理論」ケインズ、「資本主義と自由」フリードマン
そして「アンネの日記」、「種の起源」ダーウィン、「沈黙の春」レイチェル・カーソンが世界を変えたという。
重要だが難解でなかなか読むことの出来ない10冊を概略してあり、超お買い得の本である。

世界に大きな影響を与えた10冊の中で、なんと5冊の本がユダヤ人に関係している。
イスラエルと言う小さい国ながら、なぜこれほどにユダヤは宗教的にも経済的にも存在感があるのだろうか。

「旧約聖書」 ユダヤ教徒の聖典
初めに神は天地を創造された。地は混沌として闇が深淵の面にあった。神は言われた。「光あれ」・・・
神はご自身にかたどって人を創造し言われた。「産めよ増えよ、全ての生き物を支配せよ。」・・・
あなたには私をおいては他に神があってはならない。殺してはならない。姦淫してはならない。・・・
ユダヤ人は「神に選ばれた民族」であって、全ての生き物を支配する・・・存在なのでしょうか?

「新約聖書」 ユダヤ人イエスの言行録
わたしは天と地の一切の権能を授かっている。全ての民を私の弟子にしなさい。彼らに洗礼を授け、あなた方に命じておいたことを全て守るように教えなさい。・・・
第三の天使がラッパを吹くと、松明のように燃えている大きな星が天から落ちてきて水に落ち、水は苦くなって多くの人が死んだ。
キリストの命じたとおりにすれば奇跡も起こる。従わなければハルマゲドンが来る。・・・

「資本論」 カール・マルクス(プロイセン生まれのユダヤ人)
使用価値あるいは財は、人間的な労働が、そのなかに対象化されている。
巨大資本家は一切の利益を奪い取り、独占していくと共に、巨大な貧困と隷従と堕落と搾取が激しくなる。
労働者階級の憤激も激しくなり資本的私的所有の終わりを告げる鐘が鳴る。収奪者たちの私有財産が剥奪される。
しかし、資本主義が崩壊して台頭したのは労働者が平等な社会ではなく、共産党の独裁による覇権主義でした。

「資本主義と自由」 ミルトン・フリードマン(ニューヨーク生まれ、両親はハンガリーからのユダヤ移民)
政府の仕事は個人の自由を守る事に限るべきだ。政府の権力は分散されなければならない。
政府は「ゲームのルール」を決め、それを施行する審判役であるが、直接ゲームに参加する範囲は最小限に。
いらないもの・・農産物買取保証価格制度、輸入関税、輸出制限、物価・賃金統制、社会保障制度、・・・
国際通貨は変動相場制に、学校選択は自由に、景気対策には通貨供給の重視を、・・・
企業経営者の使命は株主価値の最大化。それ以外の社会的責任を引き受ける事は自由社会にとって危険・・・
「強者の論理」であり、弱者に返せないお金を貸し付けてまで稼いだ挙句にリーマンショックを引き起こしたのは、まさにフリードマンの極地でしょう。自由は、企業と個人の自律的自制心が伴なってこそ許されるものではないかと思います。

「アンネの日記」 アンネ・フランク
私達は鎖につながれたユダヤ人であり、どんな権利もなく、ただ義務だけを山のように背負わされているのです。
ユダヤ人は決して感情を外に表してはなりません。常に勇敢に強く生き、あらゆる不自由を忍んで決して愚痴を言ってはなりません。
この忌まわしい戦争もいつかは終わるでしょう。いつかはきっと私たちがただのユダヤ人でなく、一個の人間となれる日が来るはずです。・・
神様は決して私たちユダヤ人を見捨てられた事はないのです。
多くの時代を超えてユダヤ人は生き延びてきました。
その間ずっと苦しんで来なくてはなりませんでしたが、強くなる事も覚えました。
弱いものは狙われます。けれども強いものは生き残り、決して負けることはないのです!
アンネの日記は可愛らしい乙女の生活記録だったと思っていたが、なんとユダヤを鼓舞し続ける聖典だったのですね・・

ユダヤ人は「選ばれた民」と強く意識して、他宗教を排斥し従わせ、経済的にも金融界を支配している。
この民族意識の強さは、他民族の迫害の中で行き続けてきた何千年の歴史がベースにあるのだろう。
日本人は、朝日や山頂などあらゆるものに祈りを捧げ、クリスマスなど他宗教の行事までも祝うように、よく言えば許容力が大きく多様性があるが、悪く言えば、流されやすく主体性がない。
多様性を大事にしつつも、国家意識、民族意識を取り戻し、国家の方向を決めて主体的に進み続ける事が日本再生に求められているのではないだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード