株主代表訴訟

牛島信弁護士の小説「株主代表訴訟」を読み、自ら監査役でありながら、監査役の権限の大きさに恐ろしくなる。
株主代表訴訟

赤木屋百貨店の監査役水上は、妻に言われる。
「監査役って、なんだか良く分かんないわねえ。要するに重役なの? でも取締役ではないのよね。」
「監査役退任後は赤木屋の系列のどこかに入れてもらえるんじゃないの。だって重役なんでしょ。」
そんな「閑散役」に、「三十万株以上の株主」と名乗る男から「赤木屋を私物化している藪田と美恵子の経営責任を追及せよ、さもないと監査役を訴える」との内容証明郵便が届く。
実態として、赤木屋は会長の藪田とその愛人の美恵子に支配されていた。
会長を訴えなければ自分が訴えられる絶体絶命のピンチに追い込まれた水上監査役は、会長提訴に追い込まれる。
その三十万株以上の株主とは、俊英の弁護士であり、そのバックは赤木屋を乗っ取ろうとしている外資企業であった。


と言う事で、水上監査役は、監査役に与えられた全ての権限を行使して、薮田会長を追及して行きます。
まず、
「施行規則100条③ 監査役がその職務を補助すべき使用人を置く事を求めた場合における当該使用人」
に基づき、監査役室を借り、弁護士も含んで総勢10数名もの監査役スタッフを募集します。
「法388条 監査役が職務執行について請求したときは、必要でない事を証明した場合を除き拒む事が出来ない」
に基づき、まずは弁護士に依頼した着手金100万円の請求をします。さらに、
「法381条② 監査役はいつでも取締役及び使用人に対して事業の報告を求め、調査をする事が出来る」
により、各部を呼んでヒアリングすると共に、徹底的に書類を調査します。
そして東京地検特捜部に告訴すると共に、裁判、株主総会を絡めて、薮田をはじめとする全取締役を辞任に追い込んでいく。

オーー恐!
こんな事をしなければいけないのなら、監査役になるんじゃなかった・・・
しかし、就任したからには既に遅いのです。
覚悟を決めて、毎日を真剣勝負で過ごすしかないようです。

コメントの投稿

非公開コメント

覚悟

監査役は収益に直接には貢献せず、普通はのんびりやってるんですから、いざと言うときには「言うべきは言い、するべきを行って、それでも駄目なら腹を切る」くらいの覚悟を持ってやらねばなりません。それくらいの覚悟を持ってやれば、オリンパスだって、大王製紙だってあんなことにはならなかったでしょうに。腑抜けばかりだったと言うことですね。

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード