スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三者委員会の費用

最近、第三者委員会が設置される事例が多い。
オリンパス、大王製紙、東京電力、・・・
その費用はどのくらいかかるのだろうか。
読売新聞ニュースによると、委員報酬単価は、1時間8,910円~35,000円
総額として72万円~4,475万円
記事によると、原子力のやらせ問題で設置した委員会では、単価を35,000円とし、事務所や自宅で作業した時間も自己申告で払う事としていた所、ヒアリング対象者は148人に上り、予算をはるかにオーバーしたため、単価を3分の1以下に変更したと言う。
優秀な弁護士に相談するだけで1時間6万円は覚悟しなければと聞いた覚えがあるので、3万5千円と言う単価はかなりのディスカウント価格かも知れないが、発注するサイドとしては、どれだけの調査内容になるか分からず、青天井の費用を請求されたら堪ったものではないだろう。
今回は「社会貢献」という考えで値切ったようだが、ボランティア料金で適正な調査が期待出来るのだろうか。
政府の委員会に出席すると、手当が出るが、とても弁護士先生の時給には見合わない単価だと思う。
ある意味の社会貢献と言う事で、納得して委員に就任するのだろうが、事務局の作った資料説明を聞いてその場で思いついたコメントを述べるだけなら、ボランティアは委員会に出席する時間に限られる。
しかし、自ら調査し、案を策定する時には、膨大な時間がバックヤードで必要になり、本業を脅かす事態にもなりかねない。
やはり適正な単価を設定すべきではないだろうか。
ある意味で裁判のようなものだとすれば、数千万円の費用負担を覚悟すべきなのかも知れない。
きっと欧米では、それよりはるかに高い数億~数十億の費用がかかるのではないだろうか。
監査役が第三者委員会を設置して調査し、その結果、会社に不利な結論になったにもかかわらず、高額な費用を会社に請求しなければいけない、なんて、とっても憂鬱な事態が予想されます・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。