健全な懐疑心で経営と対峙

2月8日朝日新聞の「私の視点」に太田会長が監査役の役割を「健全な懐疑心で経営と対峙」と書いておられる。
監査役の役割
                                  掲載許可済 but 転載不可

日本監査役協会の会長が新聞紙上で意見を出されると言うことは、私の記憶では初めてだ。
「監査役の活動が外部から見えにくいので、もっと発言力をつけて株主や社外の利害関係者に対し何をしているのか語る必要がある。」と言われるが、会長自ら実行されたのだろう。
 頭の中で思っている事と、考えた事を実行する事、人に話す事、それを文章にする事、さらに発表する事、それぞれの内容は同じでも、重みは大きく変わります。
 文章にして新聞に掲載されるという事は、世間に対してコミットすることであり、具体的なアクションが問われることを覚悟して発信されたのだと思います。
 こういった発言を新聞紙上でされたという事が素晴らしく、ガバナンスの向上に向けての決意だと受け止め、会員としても真摯に取り組まなければと思わせて頂きました。

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
ブログ周りをさせていただきましてたどり着きました。

監査役というと、私のいる会社の場合、
ほとんどお飾りになってしまっているという現状があります。
非公開の会社なので、外部に対する発信がほとんどない分、
そのような感じになってしまうのでしょう。残念です。

監査役は、取締役に対する監視が従来の業務ですから、
もっと株主や社外の利害関係者に対して、
発信力を持っていくべきというご意見はもっともだと思います。
そうすることで企業統治も理想の姿へ近づいて行くように思えてなりません。

また伺いたいと思います。
ブログを楽しみにしています。

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード