会社の事件簿

「会社の事件簿!―危機管理21の鉄則」を読み、背筋が寒くなりました。
個人情報流出、モンスタークレーマー、隠蔽、保険金詐欺、企業買収、粉飾決算、運用失敗、疑惑社員、セクシャルハラスメントなど、どれもどの会社でも起こりうる事態と思われる。
対処方法を誤るとトラブルが事件になり、高額の損害賠償、さらには会社の危機を招きかねない。
とくに最近劇的に利用が拡大しているフェースブックなどSNS(ソーシャルネットワークサービス)による情報の拡散が怖い。
SNSは友人に情報を送ることで、人的ネットワークを密にする。
その、情報が伝わるスピードは大変早く、エジプトのムバラク政権を倒したように、影響力が大きい。
一人が100人の友人に情報を発信しているとする。ある情報に対し、友人100人が’いいね’をクリックするだけで、それぞれの友人100人の友人に発信される。つまり、1万人に簡単に情報が伝わっていく。
さらに友人の友人となると100万人。その友人に伝わると1億人。
昔、不幸の手紙というものがはやった。
「このはがきを受け取った人は10人の人に同じ内容のはがきを出して下さい。止めると不幸になります。」と脅されて、不幸のはがきが蔓延した。
しかし、はがきを出すのは面倒くさく、情報の拡散は自然に止まった。
だが、SNSの簡易さとスピードはこの比ではない。
4回クリックされるだけで、日本中に広まってしまうのだ。
だから会社の問題点を友人に相談したつもりが、いつの間にか世間では周知の事実になってしまう。
恥ずかしいだけでなく、悪用されたり、監督官庁からお灸を据えられたりする事になりかねない。
人の口に戸は立てられない、と言うが、発信されてしまった情報は、事実だろうと、根も葉もない噂だとしても、消す事は出来ず、大きなリスクとして残り続ける。
どう管理していくべきか、どう対処していくべきか、今までと全く違った対応が求められている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード