スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアイズ社元監査役古川孝宏氏の名誉回復

トライアイズ社のホームページ及び日本経済新聞に、元監査役古川孝宏氏の名誉を毀損する表現について謝罪する広告が掲載されました。

古川氏といえば、2009年の日経ビジネスや日経新聞、朝日新聞に「戦う監査役」として紹介されたのを思い出します。
古川氏は、監査報告に「取締役の職務の執行には不正な行為、法令及び定款違反の重大な事実があると考えております。・・・」との個別意見を付記することを監査役会・取締役会に申し入れましたが、記載されずに株主総会が開催されました。
それに対して総会決議取り消し訴訟を提訴したところ、再度株主総会が開催され、その時には個別意見が付記されましたが、決算が承認されると同時に監査役解任提案が可決されました。
その時の解任理由は「監査役としての職務を十分全うしているとはいえないため」という事でしたが、今回の謝罪広告によると、「任務懈怠はなかった」と認めた訳ですから、解任は不当だったと言うことになります。

監査役として適切な行動を行っていたにも拘らず「会社の問題点を指摘する監査報告付記意見を出す監査役は解任する」という事でしたら、企業の健全な発展を目的とする会社法をないがしろにするものです。
会社法の改正について監査役の権限強化などについて議論されていますが、現在の権限すら行使出来ないようでは、強化によって法律と実態がますます乖離していく懸念があります。
今回の謝罪広告は、経営者と対峙してでも会社の健全な発展のために物申したことに対して、任務懈怠はなく適切に監査活動を行っていた、と裁判所が認めた結果であり、監査のあり方に関する大きな意味合いを持つものだと思います。

古川氏とトライアイズ社は、監査費用請求に関する訴訟を継続中とお聞きしますが、それも会社法で認められた監査役の権限であり、法廷においても認められ、日本企業のガバナンスが向上することを祈念するものです。

謝罪文を直接引用するのは避け、以下に概要を紹介します。

トライアイズ社のホームページ 平成24年6月21日~
株式会社トライアイズ
当社元監査役古川孝宏氏に対するお詫び

当社が公表した平成21年3月24日付「株主総会議案の一部取下げに関するお知らせ」、7月15日付「株主総会決議訴訟の対応方針に関するお知らせ」、8月3日付「株主提案権の行使に関するお知らせ」、8月17日付「株主提案に対する意見表明のお知らせ」、及び9月18日付「臨時株主総会招集ご通知」添付の「株主総会参考書類」、「監査役会の監査報告の付記意見に対する当社取締役会の見解」の記載上、当社元監査役古川孝宏氏(以下「古川氏」とします)につき、任務を懈怠していたと記載するなど、古川氏の名誉を毀損する表現がございました。
また、平成21年8月29日付日本経済新聞朝刊人事欄に、古川氏が10月9日をもって退任する旨が記載されましたが、同時点では古川氏は退任しておらず、同記載は事実に反する記事でした。
当社は、上記各記載事項を撤回し、当社ホームページにおける関連記事を削除するとともに、古川氏の名誉を毀損したことにつき、謹んでお詫び申し上げます。

日本経済新聞 平成24年6月21日朝刊
当社元監査役古川孝宏氏に対するお詫び

当社は、元監査役古川孝宏氏の職務対応につき、在職中に任務を懈怠していたなど、古川氏の名誉を毀損する表現がありましたので、これらの表現を撤回するとともに、古川氏に対し陳謝の意を表します。
株式会社トライアイズ


ビジネス法務の部屋 「小さな謝罪広告が監査役制度に遺した大きな功績」 山口利昭弁護士

CFOのための最新事情 「監査役制度の歴史に残るであろう5行の文章」 武田雄治公認会計士

コメントの投稿

非公開コメント

古川さんの行動に希望が見えた

トライアイズの元監査役、古川さんの勇気と行動に深く感銘を受けました。
会社の言うなりになる監査役のみ再任され、物申す監査役は徹底的に排除される。そんな日本の監査役制度に憤りを覚えます。
古川さんの頑張りは今後の日本企業の健全化のための第一歩だと感じました。
トライアイズも非を認めたのでしょうから、きちんとした賠償等が行われる事を希望しつつ、今後の経緯を注視して行きたいと思います。
今後も本件のニュースの発信をしていただけたら幸いです。

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。