人生の約束

映画「人生の約束」を見た。
人生の約束
富山県射水市の祭りの話で、山車の動きがとても迫力がある。
山車を引く事を”つなぐ”と地元では言うらしい。
先祖と、家族と、仲間と、他の町と、海と、土とつながるのが、山車なのだ。
しかし、人口減で、町内会は寂れ、維持する費用がなくなり、引手もいなくなり、350年続いた山車を、新興の町に譲る事態となる。
そこに登場するのが、M&Aで企業拡大を行う新興IT企業の社長。
彼の会社が、あたかも東芝と同じ状況で、社長が厳しいことを言って、部下は意見が言えない状況で、赤字を社長から隠すために粉飾決算を行ってしまう。
そんな社長が、祭りを通じて人間性を取り戻す。

企業ガバナンスのために映画を見ると寂しいが、映画を楽しんだ中で、少し内部統制についても印象に持っていただくと良い映画だ。
何故か法務省も再発防止にこの映画とタイアップしている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード