覚悟とは

「監査役の覚悟」という題名で同文舘出版より出させて頂きましたが、
さて、覚悟とはいったい何のでしょうか。

デジタル大辞泉によると
1 危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。
  「苦労は覚悟のうえだ」「断られるのは覚悟している」
2 仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。
3 きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。
  「もうこれまでだ、と覚悟する」
と気持ちの表現となっており、日本人的に納得感があります。

一方、英語ではどう表記されるかと言えば、プログレッシブ和英中辞典によれば
1 preparedness, readiness (準備)
  I am prepared for that./I expected as much.
  Are you ready [prepared] (for it) ?
2 resolution (決心)
  I make up one's mind ((to do)) 最後までやり抜く覚悟だ
  I am determined [resolved] to carry it through.
3 resignation (あきらめ)
  I have resigned myself to the situation.
と、事に備えて準備をするといった、具体的な行動になるようです。
アマゾンでは「監査役の覚悟」は「Preparedness of Auditors」となっています。

この違いは何故なのか
日本武士道の「切腹」と西洋の「合理性」の違いではないでしょうか。
日本では、最後は腹を切ってお詫びをする、殿を諫める、といった手段が当たり前だったように思います。
しかし、それで変わったのでしょうか。
殿を諫める、など何をすべきか分かっているときに腹を切って忠言した場合には、あいつの死を無駄にせず正しいことをしなければならない、と殿は反省するかもしれません。
でも、それは形だけで、うるさい奴がいなくなってやりやすくなったと、ますます羽目を外すに違いありません。
更に、対策が見えなくて行き詰った時に責任を取って腹を切った場合は、当面の解決にもなりません。
一番真剣に考えていた人が、死んでいなくなってしまう訳ですから、検討は振出しに戻り、対処は遅れるだけでしょう。
やはり、言志録23「まず腹を据えよ」 で人に嫌われても正しい事をやり抜く心構えをした上で、言志耊録148「予の意味」 で患い無き日に慮ることによって、有事に対処する事が大切なのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード