経営はロマンだ。

「理念と戦略の経営学」水谷内徹也、内田康郎著を読む。
理念と戦略の経営学

経営理念が戦略を生み、バリューを創造する。
その実例として、Jhonson & Jhonson の「我が信条」、客単価より来店客数を重視する焼き鳥の名門秋吉、市場ニーズから液晶を開発したシャープ、整備工場による販売でトップシェアを続けるスズキ自動車などを紹介している。
また価値創造のためには価格や技術が良いだけでは市場が確保できず、国際標準化していく事で信用力と永続性を得る実例として、デンソーのQRコード、日立のRFID戦略を紹介している。
しかし、その根底として求められるのは経営者の高い倫理性であり、コンプライアンス経営についても述べられ、企業活動の成果を①経済的業績、②環境的業績、③社会的業績から評価すべきとの知見は、ぜひガバナンスコードにも採用して頂きたい。
ヤマト運輸小倉元会長のビジネス・マインドも紹介されているが、「経営はロマンである。だから経営は楽しい。目標を決めて方法を考え、実行する。この間の緊張感は堪らない。」と語り、経営者が備えるべき要件として、①論理的思考、②時代の風を読む、③戦略的思考、④攻めの経営、⑤自立の精神、⑥政治家に頼らない自助努力あるのみ、⑦マスコミとの良い関係、⑧明るい性格、⑨身銭を切る、⑩高い倫理観を挙げている。
利益でなく、ロマンを追求した経営が求められる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード