スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争リスク―2

北朝鮮の日本上空を通過するミサイル発射、そして水爆実験がただならぬ事態を引き起こしそうです。
トランプ大統領がレッドラインとしていたのがICBMと核実験でしたから、北朝鮮は完全に虎の尾を踏んでしまった訳です。
アメリカはどう対応すべきか。
①国連の場で更なる制裁を求めるが、軍事的には何もしない。
②北朝鮮の求めるアメリカとの交渉により核兵器の廃絶を求める。
③北朝鮮を軍事攻撃する。

①は、ロシア、中国の協力も得て、国境を封鎖し、貿易も金融取引もさせない、となるとボディブローが効いてくるかも知れません。
北朝鮮に国境を接して北朝鮮を存続させたいロシア、中国が協力するかどうかがカギですが、貿易額は次の通りとされています。
中国61億ドル、インド1億4500万ドル、フィリピン8900万ドル、ロシア8400万ドル、タイ5300万ドル、パキスタン4900万ドル、ブルキナファソ3400万ドル、ドミニカ共和国2000万ドル、ベネズエラ1600万ドル(https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-09-05/putin-rejects-sanctions-as-ineffective-against-north-korea)
また、年間10万人近くの出稼ぎ労働者を中国とロシア、ドイツ、イタリア、オーストリア、オランダ、カタール、マレーシアなど海外に送り、その賃金は推定で、年間12億ドル~23億ドル。
それを封じ込めるか、今出ている人をどうするか、難題です。
しかし、日本が江戸時代にオランダ以外との海外交易をシャットアウトしても生きていけたことを考えると、石炭や生活水準を下げれば持ちこたえる事は可能ではないでしょうか。
「欲しがりません勝つまでは!」 と言って耐え忍んだのは、つい昭和の時代の日本でしたよね。
また、ABCD包囲網によって貿易封鎖を受けて日本が第二次世界大戦に参戦したことを考えると、自暴自棄になった北朝鮮に引き金を引かせかねません。
制裁だけでは単なる時間稼ぎに終わるだけで、北朝鮮のミサイル&核開発を進める結果になると思われます。

②は、そもそも核廃絶したら対話をすると言っているのに開発を続けている。
核を持っているからこそアメリカが対話の場につくのであって、北朝鮮にとって余程美味しい条件がなければ核廃絶するはずがありません。
結局北朝鮮の核保有を認める事になでしょう。
とすると、韓国も核保有を求めるようになります。
日本は、核を保有している中国、ロシア、北朝鮮、韓国に囲まれ、核保有を迫られていくのは必然でしょう。
一番恐ろしいシナリオになりそうです。

③は圧倒的にアメリカが勝つ、と誰もが思ってはいるが、しかし空中戦だけで終わると思えません。
地上戦にアメリカがアメリカ国民を派兵できるのでしょうか。
アメリカが地上軍を派兵したとしても、ベトナムで負け、アフガンで勝てないアメリカが、絶対的に勝てるという保証はあるのでしょうか。
空中戦も同時に何発もミサイルを発射されたり、潜水艦から発射されると、迎撃は不可能だと思われます。
今回の水爆の威力は広島に落とされた原爆の7倍120キロトン以上と言われています。
さらに、上空で爆発させて強力な電磁波を広範囲に放出させる電磁パルス攻撃も可能と言っており、事実なら東京上空で爆発させて電子機器を破壊して日本の機能を壊滅させることも可能でしょう。
最終的に勝ったとしても、時間が掛かり、その間の韓国、日本の被害は甚大になると思われます。

とすると、次の一手を考えるしかありません。
ロシア、中国が北朝鮮を残したいのは、地政学的理由からだと思われます。
アメリカの基地がある韓国と陸続きになりたくないのが最大の理由ではないでしょうか。
そうだとすれば、北朝鮮という国をを存続させた上で、体制だけを変えさせるしかありません。
しかし、自ら体制を変えることは絶対にしないでしょう。
かつての日本も、東京空襲や原爆投下といったとんでもなく痛い目にあってようやく敗北宣言をしました。
体制を変えて国を存続させることを約束して、ロシア、中国、アメリカ軍で素早く叩くしかないのではないでしょうか。

さて、アメリカがどう対処するかは分かりませんが、大切なのは日本がどう対応すべきかです。
北朝鮮がミサイルを日本に打ち込んできたら、どう対応するのか。
勿論迎撃ミサイルで撃破するだろうが、その後はどうするのか。
自衛隊はアメリカ軍と一緒に北朝鮮を攻撃するのか。

どうなるかは分からないが、問題なのは、具体的にどうするかの議論が全くないことだ。
断固抗議する、ばかりで、実際に有事が発生した時にどう対処するのか、発生してから議論しても全く間に合う問題ではない。
マスコミもぜひ頑張って頂きたいものだ。
日本はどうすべきなのか、現行の法律の下でどこまで出来るのか、何が問題なのか。
憲法第9条では
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
としていますが、アメリカの基地が130か所1024㎢も国内にあって、そこから参戦していくことを考えると、日本が交戦状態にないとは言えなくなるのではないだろうか。
政府の戦略を公にすべきとは思わないが、民間においても率直で、いろいろな議論が存在しなければ、かつてのように空気が日本の未来を恐ろしい方向に導きかねない。 と非常に危惧する今日この頃です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は、次の一手にある「体制を変えて国を存続させることを約束して、ロシア、中国、アメリカ軍で素早く叩く」という意見を支持します。それによって日本も攻撃を受けるでしょう。しかし、攻撃を受けるリスクは日本国で生活する以上は等しくあり、日本が攻撃に参加して被るリスクより、日本の歴史的な立場と主張を貫けると思うからです。

なお、昨年12/31の記事「異文化・異制度対応と「おもてなし」」に7/11コメントを書きました。内容が一番近いと思ったからですが、ずーっと「承認待ちコメント」になっています。ぜひ、ご承認いただき、ご意見をお聞かせいただきたく。また、このブログに来ていただいている方もご意見を下さいます様、お願いいたします。

会社監査は、経済活動が続く限り存続するでしょう。このブログが、新旧の監査役等が意見や苦悩を「集える場」とさせていただきたく、お願いするものです。

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。