サントリーとキリン

サントリーとキリンの合併計画が破綻した。統合比率などが折り合わなかったからだと言われてはいる。
しかし、資本比率の調整よりも、風土の違いが問題だったのではないだろうか。

性格の全く違う人だけど、自分にないものを持っている人に魅力を感じます。磁石のN極とS極がくっつくようなものでしょう。 そんな違いのある二人も、結婚して長年連れ添うと、同じものを食べ同じ行動をするためか、好みや考え方がだんだんと同化し、顔まで似てきます。

しかし、極端に違うと、お互いに合わせようとするには大変な努力を要し、破局は必死です。そこを見極めるのが婚約段階なのでしょう。「結婚する前はしっかりと両目を開いて相手を見なさい、結婚したら片目をつぶって見なさい。」と言われますが、両目を開けてよくよく見ると、とても合わせられる相手でないと判断したのではないでしょうか。
両社の違いを見てみると、下表の通りだが、どう見てもキリンは創業家のコントロールを避けたいと思うのは当然に思えるし、株主総会でもそれが議論の中心になると思われる。

サントリーキリン

明治32年に鳥居信冶郎が創業

明治40年三菱財閥と明治屋の出資により設立
株は非公開(創業家の資産管理会社寿不動産が90%所有)昭和24年上場 
社長は代々創業家(鳥井、佐治)三菱グループ
売上1兆5千億円売上2兆3千億円
食品55%、酒類36%、外食ほか9%酒類51%、飲料・食品31%、医薬品7%
昭和4年に日本最初のウイスキー「白札」を発売 昭和29年にビールのトップシェアに
 トップダウン ボトムアップ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード