別府顧問にお会いする

中日本高速道路㈱に別府顧問をお訪ねする。
顧問が書かれた「経営を監視する監査役」から、かなり厳しい人を想像していたが、気さくな方であり、ざっくばらんにお話をお聞きすることができた。

監査役になると、社内で指示することはなくなり、相談したり話することも少なくなるが、社外に多くの繋がりができるので、大いに多くの人に会っていろいろな話を聞かれるとともに意見を発信していかれるとよい。
監査役が経営を監査活動や取締役会を通じて経営を活性化できる面もあり、やり方次第だ。
独立役員とか公開会社法とか、変化が大きいが、監査役としても議論し、意見を発信していかなければいけない。
監査役は日本独自の制度で、アメリカの委員会制度の導入に向けて限りなく外堀が埋められつつあるが、欧米の人にも日本の監査役制度を分かりやすく説明すると、内部統制がきいた制度だということを理解頂ける。
制度を欧米に合わせるのではなく、まずは今の制度について分かりやすく発信して理解頂いた上で、我々も必要な改革を行っていくべき。
コーポレートガバナンスは歴史的に培った各国固有の文化であり、それを破棄する事は文化(アイデンティティ)を捨てる事につながる。

などなど、励まされる一方、
内部監査部門や会計士との連携が大切であり、内部監査協会の国際資格CIAを取得される事は大変勉強になる。
ぜひCIAを取られたらよい。
と、宿題を頂きました。
別府顧問は日本語での試験が行われる前に英語でCIAを取得されたという、大変な能力と努力の人のようだ。
とてもとても足元に及ぶものではないが、今後ともご指導を頂き学んでいきたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

新米監査役

Author:新米監査役
常勤監査役を7年間勤めさせて頂きましたが、平成28年6月の株主総会で退任しました。
監査役として悩み検討したことを「監査役の覚悟」を7人の共著で出版させて頂き、感謝しております。
なお、現在は某社の非常勤社外取締役と某校の非常勤監事を務めており、経営のあり方について考える立場にある事、「監査役の覚悟」で「新米監査役のつぶやき」管理人と自己紹介している事から、このブログを継続させて頂きます。
ブレーキはより速く走るためにある、とシュンペーターが言ったように、企業の永続的発展のために、監査・監督について、今後も考えていきたいと思います。
ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード